私のオススメの資格は簿記です

私は学生時代、日商簿記検定の2級を取得したのですが、この簿記検定資格の取得をオススメします。

私がなぜ簿記をオススメの資格として挙げたかというと、取得してあまり損がないからです。どんな企業に就職し、どんな職種に就いたとしても、民間企業であれば営利目的であることは間違いのないことであり、ある程度の会計知識や会社の数字は知っておいて損がないと思うのです。

私は新卒で地元の広告代理店に入社した手の頃は、デザイン業務からスタートしたため、直接は数字に関わらない生活が続きました。しかし、会計視点を持って営業の方に話をしたりすると、すごく関心を持たれて私の見方が変わったようでした。

また、今では会社の中堅クラスとなった私ですが、特に誰かから会社の数字についてを教えてもらわなくても、ある程度であれば、簿記知識でまかなえてしまうため、学生時代に資格を取得し勉強しておいて良かったと思っています。

簿記というと、その計算問題などから、今のご時世あまり必要ないと言う方もいますが、計算ではなく、会社の数字の構造を覚える上で私はとても必要だと思うのです。