資格取得の初歩にはFPがお勧め

仕事をするうえで何か役立つ資格を取得したいけど、何の資格がいいか分からない、という場合にはファイナンシャルプランナーはどうでしょうか。
最初の資格勉強

通称FPと呼ばれる資格で一般的には金融系や不動産系に向いているとされている資格です。私も取得していますが、この資格は金融、保険、税金、不動産など日常生活に関わる数字について深く知ることが出来る資格です。

日常生活に密着していることで勉強し易い利点があります。更に3級や2級レベルでは全般分野を広く浅く勉強する感じなので、日頃のニュースに対する関心も高まったり取引先との話題も広がったりと、実際に活用出来る知識が身に付くと思います。

FP取得をきっかけにさらに広がる


こうしたFP資格取得をきっかけにして難易度の高い資格に挑戦する人も少なくありません。不動産に関心があれば宅地建物取引主任者を目指せますし、保険に関心があれば社会保険労務士を目指す人もいます。現にFPと他の資格を合わせて仕事に活かしているケースも多く、いろんな意味で初めに適している資格と思います。